ケアコンサルタント 川上由里子公式ブログ

株式会社ベネッセスタイルケアは、「Benesse=よく生きる」という企業理念のもと、介護、教育、保育、生活分野に渡りお客様の支援を行っている企業。
2003年創立以来、その存在には注目してきましたが、多くの方々のお悩み解決を続けています。

私もホーム見学やヒアリングは多数、講演講師や冊子作り、情報発信のお手伝いなど、ありがたいご縁が続いています。
思い起こせば、このブログの活動報告第1号もベネッセスタイルケアセミナー講師でした ^^

この度、小冊子「老人ホーム選びがよくわかる本」監修のご依頼を受け、冊子作りのお手伝いという機会に恵まれました。
副題は「6つのお悩みケースから笑顔につながるヒントが満載!」。
夏から何度か調整が続き、先日素敵な冊子が私の手元に送られてきました。

嬉しい瞬間です。想いを込めて冊子を制作していたご担当者と喜びあいました。
わかりやすさと実際のお客様のお悩みに寄り添っているあたたかさが気に入っています。

全国的にも年々増えている有料老人ホームは、高齢者にとって特別な場所ではなく、高齢期の住まい、住まい方のひとつです。
住まいや介護、生活支援の提供をプロが行い、家族と両輪で支えます。
勿論、費用はかかります。在宅ではないことからマイナスのイメージを持っている方がいらっしゃるかもしれませんが、住まい方も多様化している現代。
有料老人ホームやシニア住宅もよりよく生きることを応援するひとつの住まいのカタチです。

高齢者の住まいを運営する企業は、それぞれ個性的にハード、ソフト両面の工夫をしながらご入居者を支えています。
その大変さを知っている私にとっては日々頭が下がる思いです。

本冊子は販売品ではありませんが、ベネッセスタイルケア様のホーム資料請求の際お客様にプレゼントいただけるとのことです。ご興味関心のある方は御覧くださいね。

ベネッセスタイルケア おまかせ資料請求ページ

活発な小学生時代の放課後、ガリ版を刷り手を真っ黒にしながら学級新聞を作っていました。
日が暮れても、夢中になって文字やイラストを自由に書き楽しかった~

人に伝える仕事にはご縁があるようですのでガンバリマス。
誤った情報も多い社会ですが、一文字一文字に心を込めて、今困っている人、不安を感じている人、これから動き出す人の助けや勇気につながりますように。

おまけ 
由比小学校 体育館にて 
保健委員として情報を発信する
オオカミカットの私

秋の「仕事と介護を両立を応援するセミナー」

カテゴリー: 活動報告

先月、社員コンサルティングでお世話になっている企業様からのご依頼で、「仕事と介護の両立支援」セミナーの講師を務めさせていただきました。
昨年に引き続きファイナンシャルプランナーの先生と完全オンライン形式での開催でしたが、夕刻から開始したセミナーでは200名を超える職員が各地から聴講して下さいました。

誰もが遭遇しやすい標準的な介護事例に加え、個別事例を2件ご紹介。
働きながら介護すること、仕事と介護のバランスをとることの実態、そして、40歳から始める備えのポイントについてお伝えしました。

オンラインではお顔が見えず聴講者の耳にどのように届いたのか大変気になるところですが、終了後多くの方々のアンケートを拝読し、伝えたかったことが届き、微力ながらもお役に立てたようで安堵しました。ホッとする瞬間です。

特に懸命に向き合っているお二人の両立事例は、心に響いたようです。

私自身も単独ではなくFP講師との構成セミナーにより、職員の介護が経済的にライフプラン全体にどのような影響を与えるのかを、今年も学ばせていただきました。

近年、経済的な問題に遭遇し相談に訪れる方が以前よりも増えていると感じます。
介護にお金がかかることを初めて知った方々の中には、親や社会への怒り、否定といった感情につながる方もいます。
公的な介護保険だけではなく民間介護保険や認知症保険も増えています。
被介護者に向けた保険のみならず、働きながら介護する方を支援する仕事と介護の両立支援保険へのニーズも高まることでしょう。

事例のご紹介にご協力いただいたRさん40歳は、子育てと夫40歳の介護その両方に真摯に向き合った女性です。
介護においても日々のコミュニケーション力を発揮され、状況を隠すのではなくお互いの職場や周囲(地域)に具体的に伝えました。
配偶者の介護で関わる人が最も間違えてはいけないことは、可愛そうだからと役割を奪わないことと伝えてくれました。
想像をはるかに超えるような辛く厳しい時間であったと思いますが、幼い子どもと協力しながらプラスに変えた女性です。

まだ若い母親の認知症という事態に遭遇したWさんは、離れていても自分の調理した家庭の味を宅急便で届けるなど、工夫しながら愛情を送り続け、そして無理をせず、ご両親を想う介護と自分育ての仕事を続けています。
10年以上に渡り同じケアマネジャーが担当し、家族とケアマネジャーの関係の良さも心強く嬉しいですね。こんな声を聞けるとほっとします。

人生の後半戦は100人100通りの生き方の集大成です。
最も大切なステージを大切にできる社会であってほしい、大切にできる人であってほしいと願っています。
支える人も支えられる人も、情報や実態を知ることにより、早い段階から自分の強みを育てること、前向きに備えることができます。
貴重な機会を提供してくださった企業の皆様、誰かのお役に立てるのならば、と事例を提供してくださった心温かいRさん、Wさん、ご清聴いただいた皆様、アンケートでメッセージを届けてくださった皆様、FP講師、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

夕刻、静岡の友人が幻想的な富士山の姿を送ってくれました。
これは、雪ではなく雲ですよ。まるで富士山がスカーフを巻いているかのようですね。
おしゃれな秋の富士山、いつも見守ってくれてありがとう。

そして、友人からいただいた美しい秋色の銀杏を、封筒に入れてレンジでチンと食す秋 ^^
ビールに合います♪ 新型コロナの感染者も減ってきました!もう少しです。
皆様も小さな秋をお楽しみください。

芸術の秋 心の秋

カテゴリー: 日常

先日、故郷で暮らす幼馴染から1枚の写真が届きました。
「わーーなになにー素敵!」 思わず叫んでしまった私。
彼女がコツコツと学びながら描いた「己書」というものだそうです。
真観 清浄観 広大智慧観 悲観 慈観 と筆で書かれています。

子供や家族の応援、顧客に対面する金融の仕事で大忙しの彼女は、自分の趣味の時間、ましてや創作の時間などはなかなかとれず懸命に走ってきた人生だったと思います。
でも、この慈愛に満ちた絵に、ひとつひとつの文字に、彼女の今が現れていて感動しました。
もしかすると、コロナによって生まれた? 自分を見つめる時間だったのかもしれません。
小学生時代からなんでも話してきた仲良しの彼女は、すでに二人の可愛い孫がいて、海と山に囲まれた町で、4世代家族と暮らしています。
郷里で自分らしい生き方を選択して生きています。
緊急事態宣言が開けたら本物を観に行ってきます。

私自身の芸術は?・・・
今年も音楽の練習に励む日々ですが、森の美術館が恋しくなる季節です。(涙)
残念ながら遠くには出掛けられないのですが、近くで大好きな藤城清治さん(97歳) の影絵の個展があり、銀座教文館に足を運びました。

97歳での制作活動。何故こんなに夢のある世界が描けるのか、本当に素晴らしいですね。
この日、最も心に留まった影絵がこちら。作品のタイトルは「つり橋はぼくのハープ」

1998年に制作し、上皇后陛下美智子様に献上した作品とのことです。
数ある作品の中では色彩もデザインも、とてもシンプル。
このグレーのような白のようなシルバーのような色、光がとてもとても美しく、吸い込まれました。

「海の中のピアノ」。ピアノと小人と魚とチェロが、どんな音を奏でているのでしょうか。

私の父は、藤城清治さんの作品を大層好み、実家には今でも3枚の影絵が飾られています。
その作品は、きっと家族の気持ちを和ませてくれていたことでしょう。
父の心の中にも光や音楽が奏でられ、小人や動物が遊んでいたのかもしれませんね。
私は当時は可愛らしい絵にあまり惹かれなかったのですが、齢を重ねるに連れ好むようになりました。
最も好きな作品は、ラクダに乗った男女が砂漠をゆく静かな影絵です。
藤代清治さんの影絵を見るたびに、自然と父との会話を思い出します。
音楽や美術、文学など、芸術は人のこころに残りますね。

夏から秋へ季節が移ろいます。 
与えられた時間で何を選び、何をするかは自分次第。
皆さん、自分の好きなことを楽しみましょうね。

URウェルフェアガイド完成

カテゴリー: 活動報告

UR都市機構のお仕事で昨年よりコツコツと手掛けていた「URウェルフェアガイドブック~安心して暮らし続けるために~」が完成しました。
UR団地にお住まいの方、ご入居を検討されている方に向けた顧客向け初のガイドブックです。

人は年齢を重ね、体や心は変化します。
サービスを利用する、住宅を少し自分に合わせて改修する、地域と繋がってみる。
そんな方法が、住み慣れた地域、団地で暮らす方々の生活を支え、応援することを伝えたくて制作しました。

URが手掛けている「地域医療福祉拠点化団地」。
2025年までに150団地を目標に着々と整備が進められています。
私は2012年より職員の新しいチャレンジを目の当たりにしてきました。

住宅というハードを作ることのみならず、子供から高齢者まで、新しい時代の住まい方、繋がり方が次々と誕生しています。
試行錯誤しながらも時代の変化、ニーズの変化に挑む職員の姿は素晴らしく、日々感動しています。
私も微力ながらもその一員としてがんばっているのですが…。

住んでいる方々に必要な情報が伝わり、役立つ制度やサービスが受けられなければ意味がありません。
全国に72万戸もの顧客を持つUR都市機構の賃貸住宅。高齢化は年々進んでいます。
困っている方、不安を抱えている方に、相談できる人、場所、制度があることを知ってほしい。
私の願いでした。

先日、このガイドブックを編集した動画の録画が代々木八幡のスタジオで行われました。
その日はパラリンピックの開会式で、上空をブルーインパルスが飛行している時間帯。
何度も空を見上げながらスタジオに到着しました。

制作の現場はちょっとワクワク。
動画制作に関わった方々のアイデア、素敵なアナウンサー女性の声の力、UR本社ウェルフェア研究室の思い。
それらが形となりお住いの皆様へのメッセージが運ばれていく過程はとても楽しい時間でした。

誰かの不安や孤独感を和らげること、誰かの勇気のためにそっと背中を押せること、そのカタチを考えられることは、難しいけれどとてもとても幸せで豊かなことと感じます。
これらは真のニーズを見ようとしなければ作ることはできません。
「これから活躍してね」「暮らしている人の声を、私達に届けてね」とガイドブックに話しかける私です。

現在、この動画がYotubeのUR都市機構チャンネルに掲載中です。
飛び出す絵本のような動画を御覧ください。
UR団地に限らず、多くの皆様にもきっと、新たな繋がり、住まい方を感じていただけることと思います。
ちょっと繋がりちょっと支え合う。私はそんな社会を目指し、新しい人材育成を続けていきます。

追伸
ウェルフェア研究室では、今年もオンライン、または併用型(テレビ会議、会場対面)での人材育成にもチャレンジしています。
7月「ウェルフェア基礎研修」8月「認知症サポーター研修」9月「介護保険基礎講座」の研修を計画実施、講師を努めました。10月は「生活支援アドバイザー新任研修」です。
毎回良かったことも反省点も多々ありますが、前に進む力となりますように、一歩一歩努めます。

先日開催された職員向け「介護保険基礎講座」。
後半の講師を努めた元気溢れるKさんと終了後にパチリ、ほっと一息の瞬間でした。

主婦の友社「ゆうゆう」9月号

カテゴリー: 活動報告

ワサビです。

7月30日発売の主婦の友社「ゆうゆう」2021年9月号に川上さんの取材記事が4ページにわたって掲載されています。
ぜひ書店にてお確かめくださいね。

主婦の友社「ゆうゆう」2021年9月号
2021年7月30日発売

おひとりさまの認知症対策
⚪︎生活の支援をフル活用し、なるべく自宅で暮らす工夫を
⚪︎認知症の人が生活できる施設、住まい

大手町の自衛隊東京大規模接種センターへゆく

カテゴリー: 日常

暑い夏、コロナ感染拡大が止まらない日本。医療者の負担増。

6月末より大手町の自衛隊大規模接種センターへ、ワクチン接種のお手伝いに足を運んでいます。
ワクチンの打ち手不足といった状況下での思い切った志願。
久しぶりのナース業務の為どきどきでしたが、5月GW中に東京都看護協会で筋肉注射の実技研修を受講し学びました。
自分自身の接種は6月20日に終了。
何かをしようと決めると不思議と自分に必要な情報、機会がポンポンと現れます。

よし、大丈夫、いけそうだ!13年の臨床経験が背中を押してくれました。
通常の本業を大切にしながらの働き方を描き、企業、場所を選択。
センターまでのルートも下見。そして、いざ足を運んでみると・・・
自衛隊の皆様のオペレーションの素晴らしさに感動しました。

ワクチンを受けに来る人も、ワクチンを打つ医療者、事務の方々も、皆安全安心に配慮しながらセンター全体はとても前向きな空気。
スピードが求められる大規模センターですが、来場者には不安を与えないよう最善の注意を払っています。
次第に慣れてきた私は、とても不安そうな表情で訪れた方、緊張している方には、ちょっとした声がけを。
緊張感がふっと和らぐのがわかります。

有事の時には役立てる人でありたい。
これまで阪神、東北の震災にも現地に入りました。
あの頃のようにバリバリナースではなくなりちょっと寂しくもありますが、ナースのライセンスをとってよかった~。
私自身の原点を思い出しこれまで受けられた教育、経験に感謝する日々です。
そして自衛隊、多くの医療者、ご来場者の皆様から毎回学びを得ています。
どんな時も今できることにベストを尽くすのみです。
ひとりひとりの力、行動が大河の一滴だと信じています。

自衛隊の皆様、医療者の皆様本当にありがとうございます。お疲れ様です。

さて、久しぶりの真っ白なユニホーム。
最近はワンピースよりもスクラブが主流とのことで私も初スクラブを選び購入しました。
昔よりもコロコロと丸くなった私ですが、どんな衣を買うときよりも嬉しかったことが驚きでした。
白衣は私の原点、ナースを志した始まりのときのユニホームです。

2021年盛夏 皆様どうぞご自愛ください。
一日も早く新型コロナウイルス感染症が終息し、穏やかな日常が戻ることを願っています。  

介護アンテナ 寄稿記事「月明かり」 第2回

カテゴリー: 活動報告

ワサビです。

株式会社ベネッセスタイルケアが運営するサイト「介護アンテナ」にて、川上さんのシリーズ記事「介護職のコミュニケーション上達のヒント『月明かり』~人と人とのつながりのために~」の第2回が掲載されました。
第2回目のテーマは「『傾聴力』とは?介護職の必須スキル『傾聴』の意味と上達ポイント」。
ぜひ読んでみてくださいね。

介護アンテナ
介護職のコミュニケーション上達のヒント「月明かり」~人と人とのつながりのために~
第1回 苦手を克服!介護職のコミュニケーションの基本「自己覚知」とは?
第2回 「傾聴力」とは?介護職の必須スキル「傾聴」の意味と上達ポイント

季節のお花と心身の変化

カテゴリー: 日常

母が部屋に植物をさり気なく飾る様子を見て育ったためか、植物のある風景が日常です。
花屋に行くことは特別なことではなく、いつも私の部屋にはガラスの花瓶に一輪の花や緑があります。
5月は芍薬の蕾を一輪、固く大きな蕾が少しずつ開いていく変化に小躍りしました。

大きな芍薬が開くまで、毎朝夕、そっと息をふきかけます。

6月、空気が変わる季節は父の命日です。写真を1枚取り出し、机の上に。
青い紫陽花を添え、父もにこにこしています。

父の好きなブルーの紫陽花と3兄弟。

この春、思わぬことから体調を崩すという体験をしました。
仕事は変わらず行っていましたが、普段楽しく食していた玄米、新鮮お野菜、お肉やお魚、おやつなどの食事が摂れず様々な能力が低下。何よりも気持ちが元気になりません。
周囲からは「いつもの川上さんのオーラが消えた~。どうしたの~?」と。
いやいや、本当に力が入りません。
改めて痛みがないこと、食すこと、動くこと、あたりまえの大切さを痛感です。
何よりも食べる楽しみがないと人生の楽しみは半減しますね。

高齢期にはこういった不調不便不安を抱えることがますます増えるわけです。
今回の疾病体験からくる辛さは、私にとって、人の痛みを感じる良い体験ともなりました。
生老病死、大切な人との別れ、人は長く生きるほどに様々なことに遭遇します。

体調を崩して発見したことがありました。
今こそ普段行っている音楽や植物のパワーや瞑想が必要だと言うときに、やる気が起きない。
笑うことも少なくなる。特にいつも聴いている音楽が耳に入らなくなる。
音楽はいつでも何でも聞ける時代になりましたが、心や体が弱くなったときに、自分が求めるもの不要なものがはっきりしたのかもしれません。(元気なときのように何でも受け止められない?)

私は今回、インドのエスラジという弓楽器の音に毎晩癒やされ回復していきました。
ヨーガで長年お世話になっている赤根彰子先生のご主人、向後隆さんがそのインド音楽を作りエスラジを演奏し発信されています。
普段はあまり耳にすることがなかったのでとっても不思議です。
夜休む前にその、河が流れるような独特の音階とリズムと弓の音に癒やされました。
東京オペラシティ近江楽堂で行われたインディアンフルートの恩師アークアキクサさんの生演奏の響きも、いつもよりも心に沁み渡りました。もしかすると楽器だけではなく、即興演奏、その人の心がつくる音楽に惹かれたのかもしれません。

そして、私自身は、やっぱり悲しみを抱えた人に寄り添える人でありたいと思うのです。
体調を崩しても人には治癒力があります。病には治療があります。
多くの人の闘病や生きる強さには日々頭が下がる思いですが、時には強くない自分自身を受け認めながら、私もがんばります!

今回の病体験中、看護師の友人が送ってくれた「スープストック」は、食物が咀嚼できない私にとって、涙が出るほど嬉しいものでした。
寄り添って話を聴いてくれいつもと変わらない友人、家族にも感謝です。ありがとうございました。
またもとの自分が戻ってきたのがわかります。体験を活かします!

おしまいに開いた本の中からネイティブ・アメリカンの言葉をふたつお届けします。

“偶然に出会うことには 深い意味が存在している“

“笑うと 自分のこころとからだがよろこぶ”

皆さん、オリンピックも近づき感染拡大をなんとか食い止めたい日々ですが、力を合わせて頑張りましょう。

ケアガイド改訂版完成!

カテゴリー: 活動報告

2000年から始まった介護保険制度は3年ごと改正が行われ、令和3年4月、第8期介護保険改正介護報酬改定が施行されました。

結人でオリジナル制作している「やさしいケアガイド」も、厚生労働省から公布された制度に沿って全ての改訂を完了しました。
3年毎繰り返される大変スピーディーで緻密な作業。
毎回ドキドキですが今回も丁寧に行うことができほっと安堵です。

要介護認定の流れや在宅、施設サービス、福祉用具や住宅改修など、ご利用する方にとって大きな変化はありませんが、サービスの利用費は全てわずかに変化しました。
そして、本改正では、初めて感染や災害への対応もテーマに加わりました。
2025年、2040年、高齢化がますます加速する中、認知症や看取り、リハビリテーションへの対応も強化されています。
これまでの「お世話される介護」ではなく、「介護の状態の維持や改善」を評価する介護を目指しています。
いつまでも元気で自分らしく暮らすために、これまでとは異なった工夫が必要な時代ですね。

この小さな「ケアガイド」は、2012年からこれまでに多くの企業様等の研修やコンサルティングなどでご活用いただいて参りました。ありがとうございます。
シンプルなガイドブックですが、また多くの人を支え、背中を押す1冊となってほしいと思います。
超高齢社会を乗り越えていきましょう!

3月、株式会社ベネッセスタイルケア様が2021年2月に新規開設した、都内千代田区の「アリア一番町」を訪ね、ホームの視察とインタビューを受けてまいりました。

閑静な住宅街に立つ9階建てのホームは、介護付き有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)。37室(定員46名)の入居要件は65歳以上の自立の方から要介護状態の高齢者です。
外観から見ても一般のマンションと全く変わりがなく、地域に静かに馴染んでいます。
館内はまるで美術館、様々な遊びや芸術があり、ご入居者もスタッフも落ち着いた空気の中で過ごされていました。風格のある千代田区一番町だなんて、まず立地で驚きますよね。
「やりたいことに挑戦できる楽しみに満ちたホーム作り」を心がけていることが伝わってきました。

今回インタビューいただいたのは、「コロナ禍での暮らしをどう考えるか」。
暮らしに様々な影響をもたらしているコロナウイルス。
高齢者の暮らしの現状や配慮したいポイントについて。

記事の完成まではわくわくどきどきの時間です。
先日、私の手元にその冊子が届きました。
コロナ禍での心がけていただきたい習慣など分かりやすくおまとめいただきました。

どう暮らす、どう住まうかはひとそれぞれ異なります。
また、お体が元気な時に入居するのか、介護が必要になってから入居するのかでもホーム選びのポイントは大きく異なります。
右肩上がりに増え続けている高齢者向け住宅。
元気なうちに一度ホームを見学し、こんな住まい方、楽しみ方もあるのかということを知っていると、いざという時に大きく役立ちます。
コロナ感染を機にホームに不安を抱く方もいれば、安心を求め入居を決められた方もいらっしゃいます。
自分の状況にあわせた暮らし方を選択し、いつまでも前向きに暮らしていきたいですね。
介護や生活支援はどう行われるのか、医療が必要となったらどうなるのか等も必ず確認しましょう。

ベネッセスタイルケアご担当の皆様、楽しい取材をありがとうございました。
お住まい選びや暮らし方を検討している皆様のご参考になりましたら幸いです。

次のページへ »